ペットの葬儀

スイミングする犬

ペットは飼育するというよりは家族の一員であるという考え方をお持ちの方は多いでしょう。言葉を話さない生き物でも毎日一緒に過ごしていると、何を望んでいるのかが分かるようになるものですし、またペットの方も人間の気持ちを察しているかのような態度を示すこともあるでしょう。飼育している動物が亡くなった場合、各自治体に連絡すると引き取ってもらえますが、立ち会いや遺骨の返却については自治体によって違います。最期まで見届けたい、遺骨を確実に引き取りたいなどお別れの仕方に希望がある場合はペット葬儀を行う専門業者に相談してみると良いでしょう。ペット葬儀をきちんと行うことで気持ちの整理もつきやすく、前へ進んでいくことができるのではないでしょうか。

ペットは楽しい時も苦しい時も、何も言わずいつも優しく側に寄り添ってくれるものです。しかし人間よりも早く亡くなってしまうものですし、最期まで看取ることもまた飼い主に課せられた義務であると分かっていても、その悲しみが簡単に癒されることはないものです。ペット葬儀は悲しみの気持ちを整理するには有効です。ペット葬儀をすることでペットとの楽しい出来事を思い起こしながら、感謝と敬意の気持ちを新たにすることができるでしょう。遺骨のための小さな祭壇を作ったり、遺骨を加工することも供養方法の一つです。また最近ではペットと一緒に入ることが出来るお墓もあり注目を浴びています。遺骨を手元に置いておくのは良くないという考え方も以前はありましたが供養の仕方も多様化しており、それぞれが信じる方法を選び、飼い主が元気に前向きに生活していくことが亡くなったペットにとっての幸せでもあるのではないでしょうか。