熱帯魚の種類

グルーミングする猫

私たちの目を楽しませてくれる熱帯魚ですが、その種類は非常に多く、飼育しやすい魚種から、難しいとされる魚種まで様々です。 初心者向きの魚種としては、グッピーやネオンテトラ等が有名です。反対に飼育が難しいと言われている魚種の代表格に、ディスカス等があります。 街の熱帯魚ショップに行けば、色とりどりの魚や、形が変わった魚をたくさん見ることができます。そして、その様な熱帯魚を見て魅了され、飼育にチャレンジしたくなる人も多いのです。 でも、熱帯魚を飼育する前に熱帯魚について勉強しておいた方が良いこともたくさんあります。例えば、熱帯魚飼育に必要な機材にはどのような物があるのか、また、どのようにしたら丈夫に育てることができるのかといったことです。

これから熱帯魚を飼育しようと考えているのであれば、インターネットでいろいろと調べてみると良いのです。 まずは、飼育に必要な機材について調べてみましょう。すると、水槽はもちろんのこと、ヒーターやサーモスタット、フィルター等の機材名が出てくるはずです。熱帯魚は名前の通り、暖かい地域に生息している魚たちのことです。ですから、25度前後の水温で飼育することになり、ヒーターやサーモスタットが必要になるのです。ちなみに、サーモスタットとは、温度を一定に保つための機材のことです。 また、フィルターはろ過装置とも呼ばれ、水の汚れを取り除く役割を持っています。そして、フィルターの濾材には、水を浄化するろ過バクテリアを棲みつかせることが重要です。要するに、熱帯魚飼育は水作りが大切なのです。